冷え性の原因

冷え性の原因

冷え性の原因は、どこから来ているのかというと、主に考えられるのは、血行不良です

冷え性は、血液の流れが悪くなったことで起きます。血液が体全体にまで行き届かず、血行不良で血液が体の隅々まで行き届かなくなると、届かない部位は冷たくなります

その原因となるのが自律神経の乱れです

自律神経がバランスを崩すと、血液のコントロールも困難になり、血液の流れはやがて冷え性へとつながります

日常生活で挙げられるのが冷房による影響です。仕事で冷房の効いたオフィスに長時間いると、体を冷やすことになり、自律神経はバランスを崩します

水分不足やアルコールも冷え性の原因で、血液の流れる速度が遅くなるので赤血球は柔軟性を失い、赤血球が必要以上に増えるので詰まりやすい状態となり、血液が滞ってしまいます

冷え性の原因は、食生活によるものも考えられます

塩分や脂質、炭水化物の過剰摂取など、食生活が偏ると冷え性になりやすくなります

脂質などの過剰摂取により、赤血球は柔軟性を失い、血液の流れが悪くなります。貧血も冷え性の原因の一つで血管系に疾患がある場合、冷え症になるケースが多いです

 

サイトマップ